シストレ塾【初級編】
各種投資情報評価メルマガ
*
*
*
シストレ塾【中級編】
チャート分析指標を斬る
*
*
*

2010年02月14日

中期的にはさらに売り指示


1月19日に出たのと同じ15〜20日の中期売りサインが出ています。
このほかにもうひとつ2月2日に中期の売り指示が出ており、
絶対客観式では下は9060円まで節目がない状態が続いています。

サービス配信としては
15日の寄付が10010円より高かったとき、
10000円で逆指値売り。大ひけで決済。
というのが出ています。
posted by つしま at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日あたりのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

座談会のお知らせ

2月27日13:30〜16:00の座談会のお知らせです。

お申し込みはsyouhin-faq@system-trade.jpまで。

◆場所・東京品川駅前(JR品川駅すぐ)


◆定員・8名様
現状ですでに6名様埋まっておりますので、13名様までは増やす可能性があります。ご了承下さい。



◆参加費

3000円(基本的に「事前振り込み」でお願いしています。)



◆形式など

まぁ、毎度のわいわいやる座談会です。特に話題は決めません。
初心者から中級上級の方まで、仲良くお話ししていただいています。
リピート率の高さ(1月はほとんど全員様がリピートでした)からも、
満足度は高いようです。

プロの相場師の方がいらっしゃったり、コンスタントに一日100銭(ただし裁量トレーダー)のアマチュアの方がいらっしゃったりもします。

特にそういう方がいらっしゃらないこともありますので、参考として把握されて下さい。

会場ですぐにネット接続したりしますので、「あの商品がダメだった」「このサービスが良かった」「津島のこの商品はわかりづらかった」などの情報も飛び交います。

よろしくご検討下さい。
posted by つしま at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

このシグナルでポジションが出来たら

自分はプット系のデビットの生成に使おうと思います。


サービス配信です。
明日の寄り付きが10350円以上の時、
10340円で逆指値売り。
大引けで決済
posted by つしま at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サービス配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

節目が出来ない〜

 正直なところコールの売り場探しなんですが、
 上がるときも一本調子なら、下げるときも一本調子でなんの節目も出来ません。

 2月は先週の金曜日にC1100をゆるゆる売りましたが、さすがに3月は戻りを待ちたい。
 デビットが残っているので尚更。

 あ、そうか、今のうちにデビットの売りを外してC1075売りに備えるかな。
posted by つしま at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日あたりのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

僕のシグナルでは中立

自分が持っているシグナル群では、ほとんど中立です。
どっちかというとまだ上げ基調。

というわけで、そろそろ10000円を撤退含みとする
プットのクレジット仕掛けてみようかなぁ。
3月で。
posted by つしま at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日あたりのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ブレイクアウト系、新商品の発売

 ブレイクアウト極み
 http://system-trade.jp/service/bokiwami_2

 新発売です。


特徴は
・過去12年間で、安定性のある成績
・複数通貨ペアで利用可能
・インディケータを使わない
・ポートフォリオ設計ファイルつき(複数ペアで使えるので)
・返金保証アリ
・初期特別価格は400名様限定
といったところです。

posted by つしま at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

Wトップなのかなぁ・・・

値位置から考えると大天井を突破していますし、
中期の買い指示も弱く点灯していますが、
もしかしたらWトップという可能性もちょっとだけあります。 

ただ、絶対客観式にはWトップという考え方がないので、
絶対客観式トレンド計測法としては、上昇示唆です。
posted by つしま at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日あたりのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

とりあえずポジションを軽くしてあります

 とりあえず大天井は突破しております。
 個人的にはかなりポジションを軽くしてあります。
posted by つしま at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日あたりのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ株高なのか、ほか、

 この状況で株価が上がるというのは、
・相対的に株に投資する意味があるか、
・インフレを折り込みにいっているか
のどちらかだと思うけれど、僕はシステムトレーダーなのでどっちでもいいや。いやよくないって?個人的には、インフレ折り込みだと思う。これだけ世界中で一斉にお札を印刷すれば、いくら資金需要不足っていっても、いずれは記録的なインフレになるのではないかと思う。

 そうそう、昨日、親のポートフォリオの話で野村證券に行ったら、確かに富裕層相手の詳しい人ではあったんだけど、最後に出て来た高利回り商品(年利120%ぐらい)がアメリカ商業不動産リートだった。「さすがにひどくありません?今は個人向けサブプライムの引き取り手がない中から良いものを買い叩く時期であって、いくら高利回りだからって、これから飛ぼうとしている商業用不動産は買えないでしょう・・・。」と言ったら・・・普通の馬鹿な営業ならそこから抗弁するのだが、いくら芬々たる株屋文化に浸かっていても、一応知識だけはある勤続23年のこの人は沈黙した。

 これだけの営業巧者が一撃で沈黙したことについて、僕はまず金融関係営業者にあるまじきその上品さに驚き、商業用不動産が悪いと知っていたその知識に驚き、それでもそれを客に勧める厚顔無恥を再確認した。資産総額5000万円の150万円で年利120%の商品を組み込むのは別に良いけどね。やっぱり客のことなんか考えてないんだなぁと。株屋は株屋でしかない。アメリカでもリーマンなんてはっきり差別されてたわけだし。

 だいたい、なんでGS、モルスタがリーマンショックを食らわなかったのか、なんで誰も言ってあげないのさ。
posted by つしま at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターからの転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

大天井突破

結局、大天井突破です。
しかも、別のロジックに立っている売り指示がすべてキャンセルor買い指示になりました。
これほど激しい転換は見たことがありません。

というわけで、買いでしょうか。
僕の相場観では厳しいけれど、チャートは確かに買い形です。
リスク限定型であればプットの売りもあるかもです。
2月P10000円売り、9750円買いとか。

コール買い系なら、2月C11000買い、11500売りとか?
ちょっと高いですから、もう少し遠くでも良いのかも。
組み直す予定で(11750がITMに入らない予定で)3月の11500、11750円とか?
posted by つしま at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日あたりのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする