シストレ塾【初級編】
各種投資情報評価メルマガ
*
*
*
シストレ塾【中級編】
チャート分析指標を斬る
*
*
*

2009年10月04日

ここからの大相場に向けて(信頼性20%のポジショントーク)

 日経平均1で配信していないイレギュラーなエントリを執筆することは非常に珍しいのですが、おそらくかなり大切な時期になるであろうと裁量勝率20%の僕が感じるので、残り80%を頼りに逆張りできるように書いておきます。

 明日のサービス配信と束ねて、もし明日、一度戻すようなことがあれば、ここ20日で最後の戻りになる可能性があります。珍しくそうした経緯を観察したいと、僕も9時前に起きて寄りを観察してみようと思います。

 とはいえ、実際の投資行動はサービス配信通りというのがメインなのですが、問題はショートしているデルタを短期的にであれどれだけ中立に戻すかです。たとえば、大ひけで「さやか」の売り指示が出たりすれば、証拠金を積み増してでも今よりもずっとショートに傾けます。

 問題は、どう考えてもサービス配信が提示した条件にならないとき、この水準からどのぐらいショートを積み増すかです。本当に大相場なら、使っている中期システムの半分が売れと言っていることでありますし、もう少し積み増したいんですよねぇ。

 あとは、10月、11月で通常月の3〜5倍の掛け捨て保険玉を入れています。具体的には10月P70や、11月P55です。
posted by つしま at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日あたりのひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック